スポーツ

  • 印刷
競泳女子400メートルリレーで優勝した神戸野田の選手たち
拡大
競泳女子400メートルリレーで優勝した神戸野田の選手たち
競泳男子400メートルリレーで優勝した報徳の選手たち
拡大
競泳男子400メートルリレーで優勝した報徳の選手たち

 23日は競泳が神戸市立ポートアイランドスポーツセンターで開幕し、女子200メートル個人メドレーは沢野莉子(神戸野田)が予選で2分15秒68の大会新記録をマークし、決勝は2分16秒10で制して2連覇を果たした。沢野は女子400メートルリレーでも神戸野田の第1泳者として2年連続優勝に貢献し、2冠を達成した。

 男子400メートル自由形は出羽晃也(三田学園)が3分58秒73で競り勝った。男子400メートルリレーでは報徳が頂点に立ち、第1泳者の小池貴之は100メートル自由形の大会記録を塗り替える51秒54をマークした。

【リンク】試合結果(会員向け記事、随時更新)や写真集などはこちら

スポーツ高校総体
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ