スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 J1神戸が今夏の新戦力として、韓国Kリーグ1部で得点ランキング1位に立つ仁川のモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)を獲得することが29日、分かった。

 ムゴシャは身長188センチの大型FWで、ドイツの2部リーグなどでのプレーを経て2018年から仁川でゴールを量産してきた。ペナルティーエリア内で高い決定力を発揮し、空中戦にも強いストライカー。エース大迫勇也の状態が万全でない中、得点力不足の解消に期待がかかる。

 神戸は同日、J1鳥栖からMF飯野七聖(ななせい)が完全移籍で加入すると発表した。新潟県上越市出身で、国士舘大を経てJ3群馬(当時)入り。21年から鳥栖へ移籍した。右サイドでのスピードを生かした突破力や鋭いクロスが強み。

 25歳の成長株は「どんなに苦しい状況でもチームのために走って闘う。鳥栖で得た武器を、今度は神戸のために使います」などとコメントした。

 ムゴシャと飯野は近日中にチームに合流し、リーグの出場は最短で16日のアウェー鹿島戦になる。(山本哲志)

スポーツヴィッセル
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ