スポーツ

  • 印刷
男子共通110メートル障害決勝 13秒88の大会新記録で優勝した立花の村田隼(中央)
男子共通110メートル障害決勝 13秒88の大会新記録で優勝した立花の村田隼(中央)

 予選は13秒63、準決勝は13秒58。男子共通110メートル障害で立花の村田が出したのは日本中学記録の13秒74を上回る好タイムだったが、惜しくも追い風参考だった。三度目の正直で迎えた決勝は「力んでしまった」。それでも13秒88の大会新記録で貫禄を見せつけた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ