西播

  • 印刷
新物の殻付きカキが提供できなくなったため、メニューの差し替えに追われる飲食店=赤穂市坂越
拡大
新物の殻付きカキが提供できなくなったため、メニューの差し替えに追われる飲食店=赤穂市坂越
貝毒検出によるカキの販売中止を知らせる張り紙=道の駅あいおい白龍城
拡大
貝毒検出によるカキの販売中止を知らせる張り紙=道の駅あいおい白龍城

 まひ性貝毒が兵庫県播磨灘の養殖カキから検出され、出荷できなくなった2日、西播磨各地の直売所では、新鮮なカキを目当てに立ち寄った客の落胆する姿があった。季節外れの貝毒はいつ収束するのか。関係者の間には焦りと動揺が広がった。(坂本 勝、直江 純、伊藤大介、小林良多)

 同県赤穂市坂越のカキ販売所をキャンピングカーで訪れた西宮市の女性(63)は「カキ料理を楽しみに来たのに」とがっかりした様子。「知人に土産を頼まれているのに、どこに行っても売ってもらえなかった」と嘆いた。

 坂越産のカキや海鮮料理が売りの飲食店「くいどうらく」は、メニューを差し替えるため2日は臨時休業に。風味を失わない方法で凍結させた昨季のむき身を使い、ホイル焼きや蒸しガキを加えることにした。阿部勇次店長(30)は「今からの季節は遠方からも楽しみに来られる。何とか期待に応えられる料理を出したい」と前を向く。

 西播磨の沿岸各地では毎年「カキ祭り」が集客イベントとして定着しているが、今季はコロナ禍で続々と中止が決定。同県相生市の道の駅「あいおい白龍(ペーロン)城」では生ガキや焼きガキが人気だが販売を取りやめた。担当者は「かなり痛い。これからという時に」とショックを隠しきれない。

 同県たつの市観光協会御津支部では「ふるさと便」として有料会員に毎年カキを送っているため、送付中止に向けて対応に追われた。同市御津町室津のカキ養殖業者も「今朝から出荷を止めたので当面売り上げがない。年末年始の贈答用を主力にしている業者には特に厳しいだろう」と途方に暮れた様子だった。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 90%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ