西播

  • 印刷
住民投票条例制定を求め、遠山寛・上郡町長(左端)に署名簿を手渡す上郡産廃問題対策協議会の塚本義勝会長(右から2人目)=上郡町役場
住民投票条例制定を求め、遠山寛・上郡町長(左端)に署名簿を手渡す上郡産廃問題対策協議会の塚本義勝会長(右から2人目)=上郡町役場

 兵庫県上郡町梨ケ原と同県赤穂市西有年にまたがる山林での産業廃棄物最終処分場(管理型)建設計画について、反対する上郡町民らでつくる「上郡産廃問題対策協議会」が8日、産廃計画の賛否を問う住民投票条例の制定を求めて、遠山寛町長に本請求をした。遠山町長は1月中旬にも臨時町議会を招集し、住民投票条例案を審議する。

 有効署名は6773筆で、有権者(約1万2800人)の53%に達した。遠山町長は「たくさんの署名を受けてのことなので、住民投票はやむを得ないと思う」としつつ、「住民投票の結果が出ても、県に(産廃計画を)止めてもらうことはできない」と実効性に疑問を投げかけた。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ