西播

  • 印刷
鮮やかな黄色い花を咲かせたロウバイ=世界の梅公園
拡大
鮮やかな黄色い花を咲かせたロウバイ=世界の梅公園

 ここ数日の冷え込みから一転、日中は暖かな日差しで寒さが緩んだ21日、兵庫県たつの市御津町の「世界の梅公園」では、開花が進むロウバイの花が園内に甘い香りを漂わせた。

 1993年にオープンした同園では、日本や中国など国内外のウメ約315種1250本が楽しめる。

 中国原産のロウバイは唐梅とも呼ばれるが、バラ科のウメとは仲間が異なる。ろう細工のようにつやのある花を下向きに咲かせ、香り高いことでも知られる。

 山上に立つ「唐梅閣」の周囲では既に見頃。早咲きのウメもほころぶ。家族と訪れた同県姫路市の女性(73)は「冬の終わりを告げるよう。日差しも明るくて春が待ち遠しい」と笑みを浮かべた。

 無料。2月11日以降の観梅期間は入園料が必要。「みつ梅まつり」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止する。同市御津総合支所TEL079・322・1004

(小林良多)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ