西播

  • 印刷
作品を持つ粟井裕子さん(左)と拓哉さん=赤穂市民会館
拡大
作品を持つ粟井裕子さん(左)と拓哉さん=赤穂市民会館

 赤穂特別支援学校(兵庫県赤穂市大津)の作品展が同市加里屋中洲3の市民会館1階大会議室で24日まで開かれている。ポスターや工作、赤穂緞通(だんつう)の作品など感性豊かな約300点が並ぶ。校内の畑で育てたキクイモや手作り品も販売する。

 作品展は41回目。小学部、中学部、高等部の在校生が創意工夫した絵画や造形などを出品した。絵の具を手や足に塗って描いた運動会のポスターや色鮮やかな祭り屋台などが並ぶ。

 姉弟でともに生徒会副会長を務める高等部3年の粟井裕子(あわいゆうこ)さん(18)は「3年間、家庭科に取り組み満足できるものができた」、同部2年の拓哉さん(16)は「縫い物は苦手だけど、先生の指導でうまく作れた」と話した。

 午前9時~午後2時。入場無料。(坂本 勝)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ