西播

  • 印刷
朝日と競演した明石海峡大橋の主塔=赤穂市御崎から
拡大
朝日と競演した明石海峡大橋の主塔=赤穂市御崎から

 兵庫県西端に位置する赤穂市の赤穂御崎で22日、東に約60キロ離れた明石海峡大橋の後ろに朝日が昇る光景が見られた。高さ300メートルの主塔が針のように小さなシルエットになって浮かび、太陽の中にすっぽり収まった。

 赤穂御崎周辺から望む日の出が明石海峡と重なるのは、2月後半と10月後半のそれぞれ1週間ほど。さらに主塔が見えるのは、低空に雲がなく、空気が澄んだ日に限られる。

 この日は写真愛好家らが一瞬の光景にレンズを向けた。同県三田市の男性(67)は「チャンスが少ないので4年ぶりの挑戦。いい絵が撮れた」と満足した様子だった。(小林良多)

西播明石
西播の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ