西播

  • 印刷
衛生面にこだわった日本酒製造の新工場=山陽盃酒造
拡大
衛生面にこだわった日本酒製造の新工場=山陽盃酒造

 2018年11月の火災で酒蔵などが焼失した山陽盃酒造(兵庫県宍粟市山崎町山崎)に、日本酒の原料を処理する新工場が完成し、竣工(しゅんこう)式が開かれた。食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」の認証を目指して衛生設備を導入するなど、酒造りに一層ふさわしい環境を実現。式に参加した従業員らは気持ちも新たに精進を誓った。

 同社は江戸後期の1837(天保8)年に創業し、地酒「播州一献」などを醸造する。2018年の火災では築約150年の蔵が全焼したほか、県景観形成重要建造物の母屋も2階と屋根が焼けた。母屋は昨年4月に再建が完了し、今は直売所などになっている。

 衛生面にこだわった新工場は内装をステンレスとし、エアシャワーなどを設置。こうじ造りの部屋は菌の成長状況に応じて使い分けられるよう、室温や湿度の設定が異なる4部屋を新設し、雑菌が入り込まないよう低温に保てる酒母室(しゅぼしつ)も備えた。一部は窓ガラスとなっており、従業員の洗米作業などが見学できる。

 今後、冷蔵設備を完備した仕込み蔵や、瓶詰めの作業場も新設する。同社の壺阪雄一専務(41)は「手作りの良さを残したまま、今までよりもワンランク上の酒が造れる。ぜひ味わってほしい」と話した。(村上晃宏)

西播
西播の最新
もっと見る

天気(5月9日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ