西播

  • 印刷
枝垂れ桜越しの安藤家
拡大
枝垂れ桜越しの安藤家
安藤家の畑(奥)
拡大
安藤家の畑(奥)
彼岸花
拡大
彼岸花
安藤一也さん、美幸さん夫妻=上郡町小野豆
拡大
安藤一也さん、美幸さん夫妻=上郡町小野豆
雪だるまと孫娘
拡大
雪だるまと孫娘

 兵庫県上郡町は町域の4分の3を森林が占め、古くから山上集落の文化が培われてきた。そのうちの一つ、標高300メートルの高地にある小野豆(おのず)集落には平家の落人伝説が伝わる。住民は棚田や急傾斜の畑を手入れして、山村の景観を守ってきた。小野豆で生まれ育ち、今も古里で畑仕事に精を出す安藤一也さん(84)が四季の風景を収めた写真とともに、小野豆の歴史や風土を紹介する。(田中伸明)

 曲がりくねった山道をひたすら進むと、急に視界が開けた。かやぶきをトタンで覆った古民家が見える。周りの田畑はよく耕され、一幅の絵画のようだ。山のふもとに大きな枝垂(しだ)れ桜が立つ。春には枝先までびっしりと花をつけ、集落のシンボルになっている。

 枝垂れ桜の下に案内板があり、この地に伝わる落人伝説を紹介する。1185(寿永4)年、壇ノ浦の戦いに敗れた平経盛(たいらのつねもり)は家来数人と小野豆に隠れ住んだ。しかし、源氏の追っ手に見つかり自害したとされる。

 追っ手が落人に気付いたのは、ナスのへたが川に流れ、鶏の鳴き声も聞こえたからという。そのため、集落では近年まで、ナスや鶏を育てたり飼ったりしなかった。

 一也さんは子どもの頃、地元の寺で開かれる日曜学校で「平家の子孫やから気品高く賢く」と言い聞かされた。小野豆は特別な場所という思いが強かった。

 美幸さん(78)は18歳で一也さんと結婚し、20歳のときに小野豆で暮らし始めた。当時は水道もなく、不便な生活がいやだったという。「子どもが出たいと言ったら、出るつもりでした」

 しかし、4人の子どもたちは高田小学校まで4キロの山道を元気に通った。美幸さんも、子育ての負担が軽くなるにつれ、山上の暮らしの魅力に気付いたという。

 「季節によって山の色が変わって、春は若葉が燃え立つようになる。雲海を見下ろすときは、天上人になった気がします」

 1962(昭和37)年に車の通れる道が開通して以来、小野豆の人口は減少の一途をたどる。近年は耕作されない田畑が増え、桃源郷のような景観は少しずつ失われつつある。

 一也さんは、身辺の景色を記録しようと思い立ち、15年ほど前にデジタルカメラを買った。現在のカメラは3代目だ。被写体は集落の風景や身近な草花、山で採ったタケノコやシイタケ、家族の表情など。一枚一枚に愛着がこもっている。

 今回は2017年1月~21年3月に撮った写真を提供してくれた。「この景色がずっと変わらないでほしい」。安藤夫妻の切なる願いだ。

■進む人口減少、無住地区も 山上集落、町内に9カ所 

 上郡町史(2011年刊)によると、町内には九つの山上集落があった。赤松地区の楠・市原・皆坂(小皆坂)・黒石、鞍居(くらい)地区の冨満(とどま)・鍋倉・獅子見(ししみ)、高田地区の小野豆、船坂地区の皆坂だ。

 同町によると、このうち小皆坂は無住になった。4月1日現在の人口の最多は楠の30世帯67人で、最少は獅子見の1世帯1人。6集落で世帯数は10を切った。

 小野豆は1945(昭和20)年には40世帯が住んでいたが、車道開通後の65年は15世帯、2000年は11世帯に減少。今年4月1日には8世帯14人になったという。

 安藤夫妻によると、実際に集落に住んでいる人数はさらに少ない。町外からの転入もあり、代々住み続けている世帯は安藤家などごくわずかになったという。

西播
西播の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ