西播

  • 印刷
「学び塾」も開く古民家カフェ「ゆう庵」と谷岡さん夫妻=福崎町大貫
拡大
「学び塾」も開く古民家カフェ「ゆう庵」と谷岡さん夫妻=福崎町大貫

 兵庫県福崎町大貫の山裾にあるかやぶき民家を改修し、昨年11月に古民家カフェ「ゆう庵」を開店した谷岡正也さん(68)と裕子さん(67)夫妻が、地域の人が集う「学び塾」を始めた。今春以降、みそ造り教室や童謡を歌う会が開かれ、谷岡さん夫妻は「地域の人同士で教え合い、お互いの人生を豊かにする場になってほしい」と願う。(吉本晃司)

 「ゆう庵」は元々、正也さんの祖母宅で、近くに住む谷岡さん夫妻が2018年に買い取った。築150年以上とみられ、高台から福崎の町並みが一望できる。

 祖母宅はかつて商家だったらしく、母屋のほかに蔵や使用人部屋などもあった。台風時には蔵の瓦が剥がれるなど危険な状態だったため、買い取った後に解体する予定だったが、丘の上にある古民家は風情があり、正也さんは「つぶすには惜しい」と思っていた。

 そこで古民家の庭園をオープンガーデンにしたところ、来場者から「見晴らしがいいからカフェにすれば」と提案があり、「カフェだけでなくイベントにも活用できるかも」と母屋を改修することにした。

 20年10月に完成し、11月に「ゆう庵」を開いた。新型コロナウイルス禍のため積極的にはPRせず、当初はカフェとランチに限定。メニューは小学校の元教諭で家庭科を中心に教えていた裕子さんが友人と一緒に考え、昔の日本の食事を再現した料理を出している。

 今年4月にカフェのスペースを利用して添加物を使わないみそ造り教室を開いたところ、5人が参加。8月にはそのみそを使った料理を提供する。毎週水曜を「学び塾」の日に充て、今後は漬物教室や有機野菜などの料理教室も開いていきたいという。

 裕子さんは定年退職後、料理や絵画などさまざまな教室に通い、友人も増えた。「特技を持つ人にここを教室に利用してもらい、みんなが学ぶ喜びを実感してほしい」と話している。

 カフェとしての営業は月曜と金土日曜。月曜と金曜は予約制でランチのみ。土日はランチのほかモーニングとティータイムもある。ゆう庵TEL070・4425・4181

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ