西播

  • 印刷
スプリング8でのシーン。山崎一さん演じる宮前守が科捜研の捜査に協力する((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)
拡大
スプリング8でのシーン。山崎一さん演じる宮前守が科捜研の捜査に協力する((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)
大型放射光施設スプリング8で行われた撮影の様子((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)
拡大
大型放射光施設スプリング8で行われた撮影の様子((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)
シリーズ初の映画となる「科捜研の女 -劇場版-」のポスター((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)
拡大
シリーズ初の映画となる「科捜研の女 -劇場版-」のポスター((C)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会)

 兵庫県佐用町光都にある大型放射光施設スプリング8が、3日公開の映画「科捜研の女 -劇場版-」に登場している。俳優の沢口靖子さんが主演を務めるドラマシリーズ初の劇場版で、劇中では事件の真相を探る解析の一部にスプリング8が協力する。施設を運営する理化学研究所(理研)は「スプリング8での鑑定がシリーズ内で言及されることは何度かあったが、映像に登場するのは初めて」と喜んでいる。(勝浦美香)

 「科捜研の女」は、1999年の放送開始から20年以上続く人気作品。京都府警の科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員で主人公の榊マリコが、科学を武器にさまざまな事件の謎に迫る。2005年放送のシーズン6(新・科捜研の女2)では、マリコの上司で科捜研所長の宮前守がスプリング8への異動を報告し、「栄転」を祝福されていた。

 劇場版では、世界各地で多発する科学者不審死の謎に科捜研が挑む。一連の事件には細菌が関連しているとみられ、マリコは、科捜研では見つけることのできない微物の鑑定を、スプリング8で技官として働く宮前に依頼する。

 撮影は今年3月に「BL25SU」のビームラインであり、宮前役の山崎一さんらが施設を訪れた。実際の研究員らもエキストラで出演したという。山崎さんは映画のホームページで「実在する世界ナンバーワンの施設で撮影した、非常に貴重なシーンの出来上がりもとても楽しみです」とコメントを寄せた。

 理研によると、スプリング8は1998年に和歌山市で4人が死亡した毒物カレー事件でヒ素の鑑定に使われて以降、さまざまな科学捜査に利用されており、現在は「法科学研究グループ」も設置している。「兵庫県警の科捜研とも密接に連携し、実際の事件の真相解明に貢献しているんですよ」と担当者はPRする。

 映画は、JR姫路駅前のアースシネマズ姫路など全国の映画館で上映中。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月23日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

お知らせ