西播

  • 印刷
服部千秋町長(右)との異例の対立が解消されないまま退任する沖汐守彦教育長(左)=太子町議会の議場
服部千秋町長(右)との異例の対立が解消されないまま退任する沖汐守彦教育長(左)=太子町議会の議場

 兵庫県太子町議会は24日、次期教育長に元姫路市立飾磨東中学校長の楢野正樹氏(61)=同町=を起用する人事案に賛成8、反対5で同意した。ただ、選任経過を巡って一部議員から強い批判があり、服部千秋町長の辞職勧告決議案が出されたが、賛成5、反対8で否決された。

 太子町では、2021年度の予算編成を巡って服部町長と沖汐守彦教育長や教育委員らが激しく対立。沖汐氏は3月に「後任が決まり次第辞任する」と町議会の本会議で表明したが、その後、議会が両者の和解を求め、9月末の任期満了までは務めることになった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月23日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

お知らせ