西播

  • 印刷
佐用町・下石井八幡神社の大鳥居周辺を赤く染めるヒガンバナ=同町下石井
拡大
佐用町・下石井八幡神社の大鳥居周辺を赤く染めるヒガンバナ=同町下石井
赤穂市の有年原・田中遺跡近くでも見頃に=同市有年原
拡大
赤穂市の有年原・田中遺跡近くでも見頃に=同市有年原
佐用町・下石井八幡神社の大鳥居周辺を赤く染めるヒガンバナ=同町下石井
拡大
佐用町・下石井八幡神社の大鳥居周辺を赤く染めるヒガンバナ=同町下石井

 兵庫県の西播磨各地でヒガンバナが見頃を迎えている。一帯を赤く染める花は爽やかな秋空に映え、原風景に彩りを添えている。

 佐用町下石井、下石井八幡神社の御旅所(おたびしょ)である大鳥居周辺はスポットの一つ。本殿からは約400メートル南西の国道373号沿いにあり、周辺の丘を覆うように咲き誇る。

 近くの大船集落の住民らが手入れをしており、風に揺れる姿は、どこかはかなくも美しい。会員制交流サイト(SNS)でも人気の撮影場所となりつつあり、夕日や星空と一緒に写そうと、今年も写真愛好家らが訪れている。

 同神社では10月3日に秋祭りを催すが、御旅所での獅子舞奉納は新型コロナウイルスの影響で中止に。安藤直彦宮司(74)は「残念だが、ヒガンバナの咲く風景を見て秋を楽しんでほしい」と話している。

    ◇

 赤穂市有年原の県指定史跡「有年原・田中遺跡」周辺では用水路沿いに咲き並び、通り掛かった人たちの目を楽しませている。

 有年地区は、ヒガンバナの別称・シブラにちなんで「しぶらの里」とも呼ばれる。ただ、かつてに比べるとその数は少なく、住民グループ「うね地区まちおこし隊」が植栽を計画。2020年夏、同遺跡公園西側の用水路沿いに植えたのに続き、今年の夏は東有年・沖田遺跡公園にも範囲を広げ、地元の児童や保護者らと共に植え付けた。

 同グループはヒガンバナの咲き具合などをインスタグラムで発信。10月31日に有年地区で開かれる「ありなしバザール」の情報も伝えている。(勝浦美香、坂本 勝)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(10月23日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 17℃
  • 11℃
  • 60%

  • 19℃
  • 14℃
  • 20%

  • 19℃
  • 13℃
  • 40%

お知らせ