西播

  • 印刷
猫への愛情がこもった鉛筆画=赤穂市新田
拡大
猫への愛情がこもった鉛筆画=赤穂市新田
猫への愛情がこもった鉛筆画=赤穂市新田
拡大
猫への愛情がこもった鉛筆画=赤穂市新田
猫の鉛筆画集
拡大
猫の鉛筆画集
西方由美さんとチャビ(提供)
拡大
西方由美さんとチャビ(提供)

 兵庫県赤穂市新田のギャラリー「クラフト空のいろ」で猫の鉛筆画展が開かれている。同県伊丹市の鉛筆画家、西方由美さん(38)の初個展。飼っていた猫などを白黒写真のように精緻に描き、愛情を込めた18点が並ぶ。

 西方さんはデザイナー専門学校でデッサンなどを学んだ。家に居着いた野良猫の親子「タラコ」「クロ」と暮らしていた。18年間、共に過ごしたタラコの死を機に、生前の写真を基に鉛筆で2017年に描き始めた。

 毛並みの質感まで繊細に表した作品をツイッターやインスタグラムに投稿したところ、出版社の目に留まった。20年に初の画集「タラクロ・保護猫・地域猫」を金木犀(きんもくせい)舎(同県姫路市)から出版した。

 個展ではタラコとクロを初めて描いた作品も展示。21年間生きたクロの顔が、お皿に入れた水に映ったものもある。「お水もうまく飲めなくなってきたけど、もっとずっと一緒にいたい」と気持ちを描いた。地域猫や保護猫が耳を澄ませたり、幸せそうに目をつぶったりした作品もある。保護猫の「チャビ」を家に迎えた西方さんは「鉛筆画を描くことで地域猫活動に役立ちたい」と話す。

 画集やポストカードを販売。売り上げの一部を保護活動団体に寄付する。11月13日まで。日・月曜定休。午前11時~午後5時。同ギャラリーTEL0791・25・1604

(坂本 勝)

西播阪神
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • 1℃
  • 10%

  • 7℃
  • -1℃
  • 20%

  • 9℃
  • 0℃
  • 0%

  • 8℃
  • -1℃
  • 10%

お知らせ