西播

  • 印刷
署長感謝状を受け取った中井竜平さん(右)と竹田律子オーナー=相生署
拡大
署長感謝状を受け取った中井竜平さん(右)と竹田律子オーナー=相生署

 特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、兵庫県警相生署はローソン相生真広店(相生市矢野町真広)に署長感謝状を贈った。

 11月8日に高齢の女性が来店し、店員の中井竜平さん(33)に電子マネーカードの購入方法を尋ねた。「パソコンの修理費に3万円必要」「現金じゃ駄目と言われた」などと話したため、特殊詐欺を疑い、購入を思いとどまらせた。

 同署によると、女性がパソコンを操作していたところ、不具合を検出したという趣旨の画面が突然表示され、画面上の問い合わせ先に連絡すると電子マネーを要求されたという。

 感謝状を受け取った中井さんは「特殊詐欺が日常的に起こっているのだと実感した。注意を払って声掛けを心掛けたい」と話した。

 相生署管内では今年1~9月までに特殊詐欺の予兆電話が30件あり、前年同期より12件増加。うち架空請求で1件15万円の被害があったという。(地道優樹)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月29日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 1℃
  • 40%

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ