西播

  • 印刷
遭難した5人の救助に向かう捜索隊員=宍粟市波賀町戸倉
拡大
遭難した5人の救助に向かう捜索隊員=宍粟市波賀町戸倉
周辺は深い雪。冷え込みも厳しく、朝の気温は氷点下に=宍粟市波賀町戸倉
拡大
周辺は深い雪。冷え込みも厳しく、朝の気温は氷点下に=宍粟市波賀町戸倉
救助活動のため国道沿いに集まった西はりま消防本部や県警の車両=宍粟市波賀町戸倉
拡大
救助活動のため国道沿いに集まった西はりま消防本部や県警の車両=宍粟市波賀町戸倉
要救助者をストレッチャーに乗せる救急隊員ら=宍粟市山崎町
拡大
要救助者をストレッチャーに乗せる救急隊員ら=宍粟市山崎町

 氷ノ山(兵庫県)の宍粟市側へキャンプに訪れていた男性5人が遭難した事故は、4人が28日午後にヘリで救助され、山中で残る1人の捜索が続いた。5人の入山から丸3日。男性らから消防や警察に入る電話で状況は刻々と変化した。発生後の動きなどを追った。

 【25日】

 男性らが家族に「キャンプに出掛ける」と伝えて出発。

 午後1時ごろ 宍粟市内の国道29号を男性らの車3台が通過。カメラ映像が記録していた。

 【26日】

 午後8時 本来の帰宅予定。

 【27日】

 午前10時ごろ それぞれの家族が「帰宅しない」と警察に届け出。

 午後2時 県警が10人態勢で捜索を開始。雪に阻まれ難航。

 同6時20分ごろ メンバーの1人が南但消防本部(朝来市)を通じて西はりま消防本部に通報。「道に迷った。1人は山中で動けなくなった」。地図アプリの衛星利用測位システム(GPS)でおおむねの緯度と経度が判明。電波状態が悪く、その後は携帯電話がつながりにくくなる。

 同10時50分ごろ 再び通報。内容は午後6時20分ごろの通報と同じだった。

 【28日】

 午前9時前 27日とは別のメンバーの1人から家族に電話があり、4人の生存を確認。「登山口を目指して下山している」との情報が入る。

 同10時ごろ 国道29号沿いに設置された現地本部から捜索隊が出発。

 同10時20分ごろ 南但消防本部に連絡があり、西はりま消防本部に転送。「4人で歩いて下山している」。寒さや震えはあるものの、歩行には支障がない様子と分かる。

 午後0時50分ごろ メンバーから西はりま消防本部に電話がつながる。引き続き4人で下山中で「1分間に10メートルほどのペースで雪をかき分けながら進んでいる」。

 同1時15分ごろ 県警のヘリが現場上空に到着し、旋回しながら付近を捜索。

 同1時半すぎ 県警のヘリが4人の姿を確認。つり上げによる救助を検討。

 同2時すぎ 県警ヘリが2人を救助。2人はかみかわ緑地公園(宍粟市山崎町)までヘリで運ばれ、救急車で姫路市内の病院へ。目撃者によると「自力でヘリから降りていた」。

 同2時半ごろ 別のヘリが現場に到着。

 同3時すぎ 残る2人を救助。同じくかみかわ緑地公園から救急車で搬送された。

 同3時20分ごろ 救助隊員らが下山。

西播但馬
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ