西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県たつの市は、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、高齢者の3回目のワクチン接種を前倒しする。1月下旬の予定だった施設入所者らの接種開始を18日に早め、一般高齢者の個別接種も同日から可能とする。

 新変異株「オミクロン株」の広がりで、政府は接種前倒しを急いでいる。たつの市は、高齢者と介護従事者ら2万5770人分のワクチン確保にめどが付いたとして前倒しを決めた。

 最も早い18日からの接種対象は、入所施設の高齢者と従事者▽病院入院患者▽1、2回目を個別接種した在宅高齢者(通所サービス利用者も含む)。ワクチンはおおむね米ファイザー製を使う。在宅高齢者には近く接種券が届く予定で、それぞれ個別に医療機関に申し込む。

 1、2回目が集団接種だった高齢者は、3回目も原則として集団接種となる。市が日時を指定し、2月10日に接種開始を予定している。使用するワクチンは米モデルナ製で、2回目までのファイザー製とは異なる。

 医療従事者は1月中に3回目を完了する見込み。一方、通所サービスの従事者は2月開始を予定していたが、調整が遅れて3月になる可能性があるという。

 市コールセンターTEL0791・63・2266

(直江 純)

西播新型コロナワクチン
西播の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ