西播

  • 印刷
関西電力送配電が管轄する鉄塔で最も高いとされる「播磨西線No.1」のフィギュア(関電サービス提供)
拡大
関西電力送配電が管轄する鉄塔で最も高いとされる「播磨西線No.1」のフィギュア(関電サービス提供)

 高さ149・9メートルを誇り、関西電力のグループ会社「関西電力送配電」(大阪市)が管轄する鉄塔で最も高いとされる「播磨西線(はりまにしせん)No.1」(兵庫県相生市矢野町小河)が精巧なフィギュアとなった。1400分の1の大きさで造形が忠実に再現され、全国のカプセル自販機で購入できる。

 鉄塔は1997年に建造され、高さは大阪市の観光名所・通天閣の約1・5倍。相生-宍粟市の変電所間を結ぶ送電線を支え、関係者から「はりにし」の愛称で親しまれている。

 フィギュアは高さ10・7センチ。建設当時の設計図を基に東京のおもちゃ開発会社「ケンエレファント」が手掛けた。近年はコアな鉄塔ファンが増えているといい、昨年12月の発売から人気を集めているという。

 岐阜県の2基もフィギュア化され、計3種類を通販サイトアマゾンでも販売している。担当者は「鉄塔の造形美に注目してもらうきっかけになればうれしい」と話した。

 ガチャガチャは1回500円。(地道優樹)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ