西播

  • 印刷
牟礼正稔市長(右)に報告書を手渡す経営検討委の中村隆彦委員長=赤穂市役所
牟礼正稔市長(右)に報告書を手渡す経営検討委の中村隆彦委員長=赤穂市役所

 資金不足で経営難が続く赤穂市民病院(兵庫県赤穂市中広)について、今後の運営の在り方を協議してきた経営検討委員会は20日、早期の改革断行を前提に「公立病院としての存続が望ましい」とする報告書を牟礼正稔市長に提出した。地域包括ケア病棟の患者確保や急性期医療の維持を図る一方、職員数の抑制や高度医療機器の更新中止などで年約6億円の収支改善効果を見込み、「この2、3年の着実な経営改善」を求めた。(坂本 勝、直江 純)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 12℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ