西播

  • 印刷
京都国立博物館で展示されている「台付装飾壺」。たつの市の西宮山古墳から出土した(同館蔵、たつの市提供)
拡大
京都国立博物館で展示されている「台付装飾壺」。たつの市の西宮山古墳から出土した(同館蔵、たつの市提供)
西宮山古墳の発掘作業は龍野高校生が手伝った(1954年撮影、たつの市提供)
拡大
西宮山古墳の発掘作業は龍野高校生が手伝った(1954年撮影、たつの市提供)

 兵庫県たつの市龍野町日山の「西宮山古墳」から1954年に出土した土器など67種類の資料が、京都国立博物館(京博)で「後期古墳の実像 播磨の首長墓」として特集展示されている。大半が国所有で、資料価値が高いという。展示は2月13日まで。

 同古墳は6世紀半ばの前方後円墳。龍野高校の敷地内にあり、調査はグラウンド工事に伴って実施された。

 発掘作業は当時の生徒も手伝い、今回の展示品の一つとなっている「台付装飾壺(つぼ)」などが見つかった。高さ約37・5センチの須恵器で、相撲を取る力士と行司のような小像が取り付けられている。龍野ゆかりの相撲の始祖・野見宿禰(のみのすくね)を連想させる土器として注目されたが国所有となり、当時の龍野高関係者は残念がったという。

 2019年には龍野歴史文化資料館に出土品が一時的に里帰りし、初めて一括展示された。新宮義哲館長は「地元でも知る人が少なくなった古墳。京博で展示されることで、あらためて全国の考古学ファンに知ってもらえれば」と期待している。

 1月29日午後1時半から、京博の古谷毅研究員による講演もある。定員100人(当日整理券配布)。会期中は月曜休館。京博テレホンサービスTEL075・525・2473

(直江 純)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ