西播

  • 印刷
赤穂義士の名前の笑い文字と、ますもとにこさん=赤穂市御崎
拡大
赤穂義士の名前の笑い文字と、ますもとにこさん=赤穂市御崎
赤穂義士の名前の笑い文字と、ますもとにこさん=赤穂市御崎
拡大
赤穂義士の名前の笑い文字と、ますもとにこさん=赤穂市御崎

 兵庫県赤穂市御崎の温泉旅館「祥吉(しょうきち)」で、丸い文字の所々に満面の笑顔を描く「笑い文字」の作品展「あなたへ」が開かれている。笑い文字講師、ますもとにこさん(45)=同県三田市=の初個展。赤穂義士一人一人の名前を記し、びょうぶに仕立てた作品や古木の額に入れた言葉など計25点を飾っている。「コロナ禍で人との出会いが減る中、心温まる文字で笑顔に」と願う。(坂本 勝)

 ますもとさんは徳島県出身。2018年に笑い文字の本を書店で見つけて魅力を感じ、習いだした。特徴ある文字を書いてはがきを出すと「元気が出た」と知り合いに喜ばれた。笑い文字普及協会(東京)の講師養成講座を受け、今では上級講師となった。

 交流サイト(SNS)で笑い文字を発信するうち、祥吉常務の吉井祥二さん(50)と知り合った。赤穂での個展に向け、約2カ月半かけて準備。主君、浅野内匠頭(たくみのかみ)の無念を討ち入りで晴らした赤穂義士の忠誠心に魅せられ「忠臣蔵」をテーマに据えた。内匠頭と臣下の大石内蔵助(くらのすけ)ら四十七士の名を丹念に書いた。濃い紺色の雲竜紙で忠義の心を表現。6連のびょうぶの下部は討ち入り装束の雁木(がんぎ)模様にした。

 ますもとさんは「切腹して大願成就した一人一人に、大切な人や愛する家族がいた。人とのつながりの大切さを感じてほしい」と話す。

 30日まで。旅館の利用客以外は午前11時~午後2時半。16、28日午後1時~2時半には1枚300円で、ますもとさんによる笑い文字の名前書きがある。

 祥吉TEL0791・43・7600

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ