西播

  • 印刷
屋根に積もった雪で軒が崩れ、アーケードがゆがんだ飲食店「そうめん流し店 みやなか」=宍粟市波賀町鹿伏
拡大
屋根に積もった雪で軒が崩れ、アーケードがゆがんだ飲食店「そうめん流し店 みやなか」=宍粟市波賀町鹿伏

 降雪による建物損壊が多発した兵庫県宍粟市北部では、屋根にブルーシートを掛けた民家が見受けられ、空き家は被害がいっそう深刻だった。飲食店の建物や設備も雪害を被り、営業に支障が出かねない状態となっている。市は現地調査を実施しておらず、全容は明らかになっていない。(村上晃宏)

 「雪が解ける前にまた降り、積雪は層になっていた。とても重い雪だった」。市北部の住民は声をそろえる。

 そうめん流し店「みやなか」(同市波賀町鹿伏)は建物の軒が数メートルにわたって崩れ、アーケードも斜めにゆがんでいた。電線がちぎれたため、現在も電話は不通という。

 4月下旬の営業再開を目指しているが、運営する合同会社ツナガリ(同県小野市)の多田佳史会長(46)は「修繕費は高くなりそうだ。電話回線も早期に復旧しないと、営業にかなり影響が出る」と頭を抱えた。

 罹災(りさい)証明書を発行する宍粟市税務課によると、家屋以外の建物などを対象に発行する罹災届け出証明書の要望が2件あった。担当者は「雪害は一部地域に限られるため個別対応になる。市民から被害を申し出てもらいたい」と話す。

 多くの住民はJA共済などの損害保険に加入。市内の一宮、波賀、千種の3町を管内とするJAハリマの担当者によると、3月末時点で約200軒の保険申請があった。「被害の実態が把握できるのは雪が解けてから。まだ増える可能性はある」という。

 屋根の一部に被害が出た男性(84)=同市=は「屋根に上って雪下ろしができる若者が少なくなった。高齢化が進む地域の課題でもある」と厳しい顔つきで語る。

 市には「災害見舞金支給規則」があり、民家や商業店舗などには損壊状況に応じた見舞金が出る。受け取りを検討する市民は市秘書政策課(TEL0790・63・3139)に問い合わせるよう呼び掛けている。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ