西播

  • 印刷
見頃を迎えた早咲きのシャクナゲ=佐用町延吉
拡大
見頃を迎えた早咲きのシャクナゲ=佐用町延吉
見頃を迎えた早咲きのシャクナゲ=佐用町延吉
拡大
見頃を迎えた早咲きのシャクナゲ=佐用町延吉

 兵庫県佐用町延吉の庭園「播州平福しゃくなげの里」で、早咲きのシャクナゲが見頃を迎えている。広々とした山林の斜面を白や薄いピンクの花が彩り、訪れた人々の心を癒やしている。

 造園業「矢代法師園」が管理する庭園で、約2・5ヘクタールの敷地に散歩道や展望台を整備し、30年ほど前から一般公開している。約150種、1万5千本が植えられている。

 今年は例年より1週間ほど開花が早く、白色の「赤星」や、深い赤の「ネリヤーブ」が次々と咲き始めている。独自品種でピンクの縁取りがある「矢代誉(ほまれ)」も間もなく見頃を迎えるという。

 その後は、淡いピンクの「筑紫シャクナゲ」やフジの花も開花する。庭園を管理する矢代成生さん(58)は「ゆっくり園内を歩いて、コロナ禍で疲れた心をリフレッシュして」と呼び掛けている。

 開園は5月中旬ごろまで。午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)。高校生以上600円、小中学生400円。同園TEL0790・83・2833

(勝浦美香)

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ