西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 JR西日本は、今年のゴールデンウイーク(GW)に兵庫県・播但線の特急を利用した乗客が前年同期の約3倍だったと発表した。3年ぶりに新型コロナウイルス対策の行動制限がないGWとなったため、観光や帰省の利用客が大幅に伸びた。

 同線の姫路-寺前間で、4月28日~5月8日の11日間の利用状況を集計。期間中の利用客は5万6千人で、兵庫など4都府県に緊急事態宣言が出されていた昨年の3・1倍となり、コロナ禍前の2018年の同期比では28%減だった。

 期間中は大雨による運休などはなかった。5月1日までのGW前半は1万9千人、後半の2~8日は3万7千人が利用し、上りのピークは5月3日、下りは5日だった。

 同線を管轄する同社福知山支社は「緊急事態宣言が出ていた昨年よりは大きく回復したが、コロナ禍前の7割しか回復しておらず、思ったより戻らなかった」としている。

 智頭急行(鳥取県)でもGW期間中、JR西と共同運行する特急列車の利用客が2万3201人に上り、前年同期の2・8倍になった。

 列車別では、「スーパーはくと」(京都市-鳥取県倉吉市)が前年同期の3・3倍、「スーパーいなば」(岡山市-鳥取市)は約2倍伸びたが、いずれもコロナ禍前の18年よりは3割前後減った。担当者は「コロナ前への完全回復は今後も難しいかもしれない」と受け止めた。(吉本晃司、勝浦美香)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

西播新型コロナ
西播の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ