西播

  • 印刷
柴田さんが待ち受け画面にしている写真。雲海が朝日に照らされている(プロダクション人力舎提供)
拡大
柴田さんが待ち受け画面にしている写真。雲海が朝日に照らされている(プロダクション人力舎提供)
アンタッチャブルの柴田英嗣さん
拡大
アンタッチャブルの柴田英嗣さん

 自然豊かな兵庫県佐用町の秋の風物詩と言えば、昼夜の寒暖差が生み出す雲海だ。町を覆う濃い霧が朝日に照らされる絶景を、実は人気お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さん(46)がスマートフォンの待ち受け画面にしているという。聞けば、テレビ番組のロケで佐用を訪れ、雲海を偶然目にしたとか。柴田さん、当時の心境を教えてください。(勝浦美香)

 「まるで空を飛んでいるみたいでした。ご褒美感がすごかった」。所属事務所を通じた取材に、柴田さんは快く応じてくれた。

 待ち受けの写真は6年ほど前に撮影したそうだ。ナビゲーターを務めていたテレビ番組のロケで佐用に足を運び、雲海が織り成す絶景を目にしたという。

 「地球がつくったすごいアートだ」と心を揺さぶられた柴田さん。今にも雲海に飛び込んでしまいそうな後ろ姿でカメラに納まった。後日、その写真を待ち受け画面に設定したという。

 今年5月には朝の情報番組「ラヴィット!」で佐用の雲海を紹介。待ち受け画面にしてから運気が向上するなどの御利益は特にないそうだが、「変えたくない」とも思っているという。

 静岡県出身の柴田さん。佐用町民に「この雲海は地元の富士山に勝るとも劣らない感動がありました。すてきな景色ありがとうございます!!」と温かい言葉を贈ってくれた。

 再び佐用に柴田さんが来るのを、町民一同楽しみにしています。

西播
西播の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ