スポーツ

  • 印刷
神戸新聞NEXT(イメージ写真)
拡大
神戸新聞NEXT(イメージ写真)

 近畿高校駅伝は28日、兵庫県南あわじ市で行われ、7区間42・195キロで争った男子は洛南(京都)が2時間2分43秒の大会新記録で4年連続5度目の優勝を果たした。

 1区と6区を除く5区間で区間賞を獲得。4区(8・0875キロ)では1500メートル、5000メートルなどの日本高校記録を持つ佐藤圭汰が23分1秒の驚異的な区間新記録を樹立した。区間2位のアントニー・マイナ(大阪・興国)とは31秒差だった。

【特集ページ】高校駅伝2021

スポーツ高校駅伝2021
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ