連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

1995・1・17から1
 埋もれた記憶 西宮・仁川の地滑り

(10)家族 欠落したもの取り戻せる
  • 印刷
1人の命が救出され、5人の家族になった=西宮市内
拡大

1人の命が救出され、5人の家族になった=西宮市内

1人の命が救出され、5人の家族になった=西宮市内

1人の命が救出され、5人の家族になった=西宮市内

 中島敬夫さん(48)は一人になった。

 姉泰江さん=当時(42)=の遺体は地震の翌日、父政廣さん=同(80)=は三日後、母つね子さん=同(74)=は十日後にようやく発見された。

 敬夫さんは、わき腹の皮膚を右足のかかとに移植した。故郷の岡山県落合町の病院で手術を受けた。がれきに挟まれて、かかとは丸く直径五センチほど壊死(えし)していた。

 三月十四日になって、阪神水道企業団の職員が初めて訪ねてきた。病院で手渡された香典は、十万円だったろうか。

 すでに地滑りの人為的要因が報道されていた。企業団が谷を埋めた盛り土が、強い揺れで崩落したとの指摘だ。

 地滑りの原因を、職員は「調査中」と繰り返した。補償について問うと、「一切考えていません」という返事だった。

 地滑りさえなければ、家は倒れず、人が死ぬことはなかったはず。死者のためにも原因をはっきりさせたい。裁判を起こすべきかどうか、敬夫さんは迷っていた。

    ◆

 「体に穴が開いて気力が抜けていく気がした」

 震災前、高齢の両親の将来を負担に思ったこともある。しかし、いなくなり、父母や姉とのつながりの中に自分の生活があったと気づいた。祖先から続く命のつながりを考えるようにもなった。

 家族なしに生きる意味を感じなくなった。結婚して、家族をもう一度、つくりたいと思った。

 いとこと同じ職場だった清栄さん(44)を紹介され、震災の年の秋に文通を始めた。気持ちが通じ合った。年始に会って、二月にプロポーズ。六月、結婚した。直後に会社から独立し、中古タイヤを豪州に輸出する個人事業主になった。

 西宮に愛着があり、市内の海沿いに家を建てた。山の近くは避けた。長女望ちゃん(6つ)、長男周君(4つ)、義母成田たづ子さん(71)と、家族は増えた。九年にわたる「生活再建」。体から欠落したものを、家族が埋めてくれていっている。

    ◆

 香典は、一九九八年にパプアニューギニアで起きた津波の義援金に丸々充てた。

 裁判は、あきらめた。

 「提訴に時間を費やせば、結婚できなかった。そうなれば、ぼく自身がやっていけなかった」

 わだかまりはある。病院に来た企業団の職員は「原因が分かれば伝える」と約束したという。いまだ連絡はない。

2004/1/19

天気(9月22日)

  • 25℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 27℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ