阪神

  • 印刷
南国のシンボル・ハイビスカス
拡大
南国のシンボル・ハイビスカス

 私が18歳ぐらいの時、友人が沖縄に行くのにパスポートを取っていて「外国」という感じでした。

 また、母が旅行に行った時には、太平洋戦争で動員された女学生らを慰霊する「ひめゆりの塔」(糸満市)に訪れたと聞きました。「同じ年頃の人が大勢亡くなり、自分と重なって、見るのがつらい」と言っていたことをよく覚えています。

 5年前には娘と一緒に旅行をして、5月なのに真夏のようでした。美ら海水族館の水槽前に米軍の家族なのか、多くの外国の方がおられた記憶があります。

 江戸時代には薩摩に虐げられ、明治に琉球王国がなくなった。第2次世界大戦では戦場となって植民地のようになりました。現在も米軍基地があり、埋め立て問題などもあります。100年も200年も前から沖縄の歴史はいろいろあり、背負ってきたものの過酷さに思いをはせています。(70歳女性)

    ◆

 神戸新聞阪神総局は、沖縄本土復帰50年に合わせ、観光の思い出や復帰50年への思い、エピソードを募集します。名前(紙面ではペンネーム可)と連絡先を記入し、メール(hanshin@kobe-np.co.jp)、もしくはファクス(0798・23・0302)までお願いします。掲載時には要約することがあります。

【バックナンバー】
「またいつか…」と思う魅力ある島

阪神沖縄復帰50年
阪神の最新
もっと見る
 

天気(7月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

  • 28℃
  • 24℃
  • 60%

  • 31℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ