People People

M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

Tarumi

「垂水マンスリー 南北彩々」では、同区を塩屋▽名谷・多聞・北部▽舞子▽垂水駅周辺ベイサイド―の四つのエリアに分け、このまちにあふれる三つの魅力―「観力」「美力」「味力」に迫る。

ロゴ

記事

垂水で聞いた「このまちのどこが好き?」

記事

神戸・垂水、記者も驚くナンバーワンあれこれ

記事

旬の魚を夕方には鮮魚店へ 神戸・垂水漁港の「昼網」

記事

おかわり必至 垂水センター街の絶品香港粥 

記事

地元応援したい 垂水専売所、宅配力生かしたサービス

記事

ドライブデートの聖地、今はなき「ウェザーリポート」 神戸・舞子海岸

記事

やっぱり“味”がある 昭和の風情残す垂水廉売市場

記事

名物グルメと衝撃の出合い 神戸・垂水センター街周辺で食べ歩き

記事

商店街で衛星監視?区役所にクラゲ? 神戸・垂水駅前めぐり

記事

垂水の飲食店詳細に 2人の主婦ブロガーが6年間発信

記事

明治天皇も愛した神戸・舞子 地名や建物の歴史紹介

記事

【24日付神戸版】明石海峡大橋検定の解答

記事

「ごしきまろ」と巡る垂水の遺跡 支配者の墓か

記事

高齢読者見守るポストチェック 神戸新聞垂水東販売と塩屋北専売所

記事

新聞販売店“看板娘” 3人で勤続102年

記事

独自のTシャツ、おしゃれな店舗 神戸新聞明舞専売所と舞子専売所

記事

「おかえり」とお迎え、まるで実家 垂水の居酒屋

記事

昔ながらの味と「看板母さん」が持ち味 神戸・垂水の総菜屋

記事

採算度外視でみんなを応援 「舞子いっぽかふぇ foo」オーナー平山さん

記事

2000年ごろから開発で急増 垂水のロードサイド店

記事

関西ゴルフの発展に貢献 神戸・垂水のゴルフ場

記事

「第一神明」はなぜない? 真相は「第二」にあり

記事

道幅狭く運転手も“怖い”バス路線 直角に曲がる難所が3カ所も 神戸・垂水

記事

手話や体で音楽表現 神戸聴覚特別支援学校でコンサート

記事

商店街じゃない商店街? 新多聞センター街とは 神戸・垂水

記事

顔がない地蔵? 通学通勤の地域住民に愛され

記事

名谷といえば須磨?垂水? 二つの名谷、ルーツを探る

記事

クネクネ曲がる上り坂「七曲がり」の由来は? 神戸・垂水

記事

91歳の現役歌手 妻の伴奏できょうも歌う

記事

多聞の歴史、史誌編集者が回顧「全員農家だった」

記事

神戸に「多聞」が多いのはなぜ? 丁名に31、校名は9つも

記事

異国情緒、人情味あふれる海辺のまち 塩屋を散策

記事

会員と家族以外立ち入り禁止 外国人居住区の「塩屋カントリークラブ」

記事

イチオシスポット募集 「ドライブデートの聖地」情報も

記事

踊り子3千人が熱い演舞 神戸垂水よさこいまつり

記事

配達中に交わす会話楽しむ 神戸新聞専売所所長

記事

イベント稼働率100% 旧グッゲンハイム邸の魅力

記事

解体危機乗り越えたユニークな歴史 「旧グッゲンハイム邸」

記事

香川真司選手も食べた自慢の豆腐 神戸・塩屋の「田仲とうふ店」

記事

“永遠の5歳児”ごしきまろ 神戸タータン衣装で話題に

記事

昭和の風情と異国が混在の下町 神戸・塩屋の商店街を散策

記事

コロッケ、ケーキ…読者の「忘れられない味」追跡 神戸・塩屋

記事

摂津と播磨の国境「旗振山」は絶景ポイント 神戸

記事

晩夏の風物詩 300年の歴史ある塩屋音頭

記事

伝統の盆踊り「塩屋音頭」復活 若い世代への継承へ

記事

海と坂と人情の街塩屋 地域猫「ナンデス」君が魅力紹介

記事

特区シリーズ第2弾は「垂水」 三つの魅力に迫る