M's KOBE

海と山に囲まれた港都・神戸。明治期の開港をきっかけに、映画やジャズ、ファッションなど西洋文化をいち早く取り入れ、モダンでハイカラな街として発展してきました。

神戸新聞では2018年7月から市内9区をひと月ずつ訪ね歩く「マンスリー特集」をスタート。これまで紙面掲載された記事を集めました。神戸らしさを象徴する「海(Marine)」「山(Mountain)」「音楽(Music)」「神戸牛(Meat)」「出会い(Meet)」、そして「マンスリー(Monthly)」の頭文字「M」をあしらった、その名も「M's KOBE」。

Kobe
People People People

Hyogo

平清盛が福原京を構え、明治以降、重厚長大産業のまちとして、戦前~戦後にかけ、神戸一の繁華街として大衆文化が花開いた神戸市兵庫区。神戸版特区シリーズ第8弾は「兵庫マンスリー 古都回遊」と題し、深く、濃く、そして軽やかに、わいざつで下町情緒あふれるまちの魅力に迫る。

ロゴ

記事

創業100年の焼き穴子専門店 4代目店主が守る最後のとりで

記事

もう一度人が集まる場所に ギャラリーとバーに改装予定の老舗酒店

記事

もはや「美容・理容の街」 36店ひしめく神戸・御旅筋

記事

「新開地だより」のネタ求め街散策 神戸中央販売の編集者

記事

80年続く老舗和菓子店 人気の「大福」は大震災がきっかけ

記事

店継いだ矢先、震災で店舗全壊 商店街の絆、心の支えに 神戸

記事

震災で姿消した御旅市場 心に傷も前へ進む宝石店店主

記事

大きなにぎわい見せていた「御旅筋商店街」周辺を巡る

記事

厄払い1年の無病息災願う 神戸の各神社で「厄除大祭」

記事

民生委員0人のまち 高齢者の見守り維持に不安

記事

大事なのは「つながり」交流深めるキャナルタウン

記事

「1日でも多く笑って生きたい」高齢化進むキャナルタウン

記事

貨物駅から大規模住宅に 震災被災者支えたキャナルタウン

記事

不要な物が“おかんアート”に変身 神戸の4会場で催し

記事

神戸の銭湯で避難訓練 入浴中に地震発生を想定

記事

淀川長治も通った映画の街新開地 当時の面影今も

記事

神戸空襲で消えた商店街 映画評論家・淀川長治育んだ柳原

記事

「混乱に巻き込まれても…柔和な表情」波乱万丈の兵庫大仏 神戸・能福寺

記事

最初の県庁は兵庫運河沿いに 平安時代から海運の拠点

記事

乗り鉄、撮り鉄必見! 和田岬線徹底研究(下)

記事

乗り鉄、撮り鉄必見! 和田岬線徹底研究(上)

記事

日本初の水族館は神戸にあった さかなクンもギョギョ、営業わずか3カ月

記事

ヴィッセル仕様のそば店、「ビンテージ」銭湯… 神戸・笠松商店街を歩く

記事

工場街と歩む喫茶店 和田岬線沿線で歴史刻む

記事

都会の中の“秘境路線” 兵庫駅から延びる和田岬線

記事

特区シリーズ第8弾は「兵庫」 古都の魅力を軽やかに描写

記事

マンスリー第8弾「兵庫」 元日スタート

記事

兵庫マンスリーご意見募集