連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

1995・1・17から1
 埋もれた記憶 西宮・仁川の地滑り

1995・1・17から1
 埋もれた記憶 西宮・仁川の地滑り
 阪神・淡路大震災,地震,地すべり,宅地造成地館,盛土崩壊,兵庫県西宮市仁川百合野町,兵庫県西宮市仁川町,地すべり資料,地すべり対策工,集水井,生き埋め,救助
  • 印刷
拡大

 私たちは最初、香世さんたちの家の跡地に建った「地すべり資料館」を訪ねた。昨年秋のこと。館内にはジオラマで地滑り対策が紹介され、わかりやすい。地下水を集めるパイプが地中に張り巡らされ、くいがずらり打ち込まれている。国内屈指の対策とされる。

 しかし、ここで何が起きたのか、うまく想像できなかった。兵庫県や西宮市、阪神水道企業団でもそうした資料は乏しい。

 あの日、埋もれたものは何なのか。私たちは知りたいと思った。(宮沢之祐、松本茂祥)

2004/1/24

天気(4月24日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • 9℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ