神戸

  • 印刷
ファッションとダンスが融合した公演の練習風景(AkariTakahiraさん撮影)
拡大
ファッションとダンスが融合した公演の練習風景(AkariTakahiraさん撮影)
「HOOD-命のあるマネキンショー」のポスター(HIxTO提供)
拡大
「HOOD-命のあるマネキンショー」のポスター(HIxTO提供)

 ダンサーとファッションブランドがコラボレーションする公演「HOOD-命のあるマネキンショー」が26、27日、神戸市東灘区向洋町中2の神戸ファッション美術館オルビスホールで開かれる。

 カラフルなしま柄のデザインで知られる神戸のブランド「bode(ボーデ)」が衣装や美術を担当し、関西を拠点に活動するパフォーマンスアート集団「HIxTO(ヒクト)」が出演する。単なる衣装ではなく「ダンサーだからこそ魅力を引き出せる服」を制作し、演出や振り付けは「ファッションにこだわりを持つからこその身体表現」を意識したという。

 ヒクトは昨年5月に20代のダンサーや美術家、映像作家ら約20人で結成。公演は、新型コロナウイルスの影響で約1年ぶりになるという。ダンサーの小堀愛永(まなえ)さん(24)は「“生(なま)”でしか伝えられない身体の感覚を舞台で表現できれば。ファッションという身近なテーマなので、気軽に見に来てほしい」と話した。

 26日午後7時、27日午後4時開演。前売り一般3千円、小学生以下千円(当日各500円増)。購入は「チケットぴあ」のサイトで。(小谷千穂)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 7℃
  • 50%

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ