神戸

  • 印刷
売り上げの一部が犯罪被害者支援に回る自動販売機=兵庫県印刷会館前
拡大
売り上げの一部が犯罪被害者支援に回る自動販売機=兵庫県印刷会館前
商品には「鬼滅缶」も並ぶ
拡大
商品には「鬼滅缶」も並ぶ

 飲料を買うと、売り上げの一部が犯罪被害者支援に役立てられる自動販売機が4日、神戸市中央区下山手通5の兵庫県印刷会館前に設置された。ひょうご被害者支援センターに寄付され、警察や裁判所に出向く被害者らの付き添い支援などに活用する。

 同センターが新たな収入源確保のため、2009年から取り組む。これまでに県内で83台が設置され、年間の寄付額は約150万~160万円に上るという。

 自販機はダイドードリンコが提供し、同センターの相談用連絡先が書かれた広告をラッピング。商品には、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターをあしらった「鬼滅缶」などがある。

 除幕式には、同社社員や県印刷工業組合員ら約20人が出席。同センターの井関勇司理事長(78)は「ラッピングで活動内容も知ってもらえる。自販機が増え、支援充実につながることを期待している」と話した。(村上晃宏)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ