神戸

  • 印刷
旧葺合区にある「生田町」の案内図。東側を付け替え後の生田川が流れる=神戸市中央区生田町2
拡大
旧葺合区にある「生田町」の案内図。東側を付け替え後の生田川が流れる=神戸市中央区生田町2
現在の生田川。新生田川は通称だ(新神戸駅から撮影)
拡大
現在の生田川。新生田川は通称だ(新神戸駅から撮影)

 神戸市中央区を形作った旧生田区と旧葺合区。旧葺合区に生田町があるのはなぜか-というギモンに前回、姫路独協大副学長の道谷卓(たかし)さん(56)は、生田川の流路が東から西へ移ったためではないかと指摘した。

 この見解を後押しする人に旧葺合区にある二宮神社(二宮町3)で出会った。禰宜(ねぎ)の山西康司さん(51)。「生田神社と二宮神社の関係性からも、生田川が移動したことがうかがえる」と話す。

 二宮神社は、生田神社の氏子地域が祭る「裔神(えいしん)八社」の一つ。現在の中央区と兵庫区に点在する、一宮から八宮までの八社は「生田さんを囲んで守る結界のような存在」なのだという。厄払いや招福を祈願し、節分などに「八社巡り」をする習わしもある。

 ただ、明治以前の行政区画でいうと、二宮神社だけが菟原(うばら)郡に含まれ、他の七社と生田神社は八部(やたべ)郡に位置する。そして両郡の境界は、生田川とされている。

 「生田神社から見て、二宮だけが川の向こうにあったというのは少し不可解。年代は定かではないですが、生田さんが現在の地に鎮座し、八社の名前が冠されたときには、全てが同じ郡域にあったと考えるのが自然ではないでしょうか」

 生田神社が現在の下山手通の地に移ったのは、千年以上前とされている。

 古代の律令(りつりょう)体制で郡域が定められた後の少なくとも一時期、生田川は二宮神社より東にあり、後に現在のフラワーロードへ流路が移ったため境界も移動した-というわけだ。山西さんによると、フラワーロードを流れていた旧生田川よりも古いため、「古(こ)生田川」と呼ぶこともあるという。

 ただ、郷土史研究を繰ると、葺合地区に「生田」の地名がある理由については諸説あり、昔から議論の的だったことが分かる。

 生田神社創建の地が布引の砂(いさご)山(別名・丸山)で、その近くに生田の地名が残された-というのが、その一例。確たる答えを得るのは難しいが、地名が物語る歴史への興味は尽きない。

 続いて、区名にもなった「葺合」の由来について、尋ねることにした。(安福直剛)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ