神戸

  • 印刷
B’zの2人との交流から生まれたイナバドッグ(左)と松ちゃんドッグ=神戸市須磨区須磨浦通4
拡大
B’zの2人との交流から生まれたイナバドッグ(左)と松ちゃんドッグ=神戸市須磨区須磨浦通4
デンマーク仕込みのホットドッグを提供するハンセンさん=神戸市須磨区須磨浦通4
拡大
デンマーク仕込みのホットドッグを提供するハンセンさん=神戸市須磨区須磨浦通4

 人気ロックユニット「B’z」にちなんだメニューで全国からファンが訪れるホットドッグ店がJR須磨駅前(神戸市須磨区)にある。その名も「コペンハーゲン」。「B’z」のライブ映像が常時流れる中、デンマーク出身のビャーネ・リンボー・ハンセンさん(71)が本場仕込みの味を提供する。(伊田雄馬)

 潮風漂う駅前通りに掲げられたデンマーク国旗。赤を基調とした店内で、ライブ映像で稲葉浩志さんが「みんな元気かーい?」と呼び掛けると、カウンターからハンセンさんが「元気よー」と顔をのぞかせた。

 ハンセンさんは母国で350年の歴史を持つ老舗レストランの料理長を務め、1981年に日本へ移住。岡山県津山市でデンマーク料理店を開いた。その常連客が、近くに住む稲葉さんの母親だったという。その縁で稲葉さんやギターの松本孝弘さんも来店。「稲葉さんはハンバーガーとビーフストロガノフ、松本さんはカレーキャベツが好きだった」と振り返る。

 店は不景気のあおりを受け2004年に閉店。その後、山陽電鉄高砂駅前のショッピングセンターにホットドッグ店を出店し、08年に須磨駅前に移転した。

 名物は2人の好きな味をイメージした「イナバドッグ」(380円)と「松ちゃんドッグ」(420円)。特注のソフトフランスとデンマーク産極太ソーセージを使う。イナバドッグはオリジナルソースの上にこぼれ落ちんばかりのフライドオニオンとピクルスが。松ちゃんドッグはソーセージを包むようにカレーキャベツを入れた。どちらも食欲をそそる一品だ。

 これらのホットドッグを求めて「B’z」ファンがやって来るといい、「北海道、東京、福岡…。宣伝したことはないけど、いろんなところから来るよ」とハンセンさん。電話番号の末尾が1783(イナバサン)なのは偶然?と尋ねると、「電話会社と交渉したよ!」と笑ってみせた。

 同店TEL078・737・1783

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ