神戸

  • 印刷
のり面の下部に設置された謎のガードレール。土砂止めだという意見が複数寄せられた=神戸市垂水区小束山2
拡大
のり面の下部に設置された謎のガードレール。土砂止めだという意見が複数寄せられた=神戸市垂水区小束山2

 神戸市垂水区の車道脇ののり面の下部に設置された「謎のガードレール」に関する記事を3月6日付で掲載したところ、神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」などに、「土砂対策ではないか」との複数の「回答」が寄せられた。謎を謎のままで終わらせるわけにはいかない-。意見を基に、再取材を試みた。(名倉あかり)

 記事では、謎のガードレールの設置目的について、(1)ボール止め(2)土砂止め(3)子どもよけ-の3説を検証し、意見を募っていた。管轄する神戸市垂水建設事務所の担当者は「記録がなく、分からない」と説明していた。

 「記事を見て、内容がちょっと違うんじゃないかと思いまして」。神戸市建設局直営の工事に携わっているという男性は「のり面の土止めに使われる手法です」と教えてくれた。市内で土止め用に同様の施工をした経験から「間違いない」とのことだ。

 また、別の市職員からも「ガードレールは在庫があり、丈夫で耐久性もあるので土止めとして利用できる」との意見が。謎のガードレールを「排水溝が大雨の時でも土砂で埋まらないようにするためでもある」とした。

 これらの見解を同事務所に伝えたが、「中途半端な回答はできないので時間をかけて調べたい」とし、完全解決とはならなかった。

 「われわれにとっては謎のままです…」。電話口の弱々しい声に申し訳なく思いつつ、継続調査を依頼した。疑問解消のため、どうかよろしくお願いします。

     ◆

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • 8℃
  • 0%

  • 18℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

  • 20℃
  • 5℃
  • 0%

お知らせ