神戸

  • 印刷
三宮中央通りの将来像を描いた図(まちづくり協議会提供)
拡大
三宮中央通りの将来像を描いた図(まちづくり協議会提供)
歩道の利活用について構想を練る三宮中央通りまちづくり協議会の永田泰資さん=神戸市中央区三宮町3
拡大
歩道の利活用について構想を練る三宮中央通りまちづくり協議会の永田泰資さん=神戸市中央区三宮町3

 オープンカフェなどを出店しやすくする国の新制度「歩行者利便増進道路」(通称・ほこみち)の運用が、4月から始まる。全国で初めて指定された3カ所のうちの一つ、三宮中央通り(神戸市中央区)を長期的に使える「占用者」となる地元まちづくり協議会は、将来的な歩道活用策の議論を本格化させている。同協議会の担当者は「実績を重ねて、『足を運んでみたいまち』をつくりたい」と意気込む。(安福直剛)

 制度は昨年5月に成立した改正道路法に基づき、歩道を使ったまちづくりやにぎわい創出を後押しする。今回、同通りのほか、大手前通り(姫路市)と御堂筋(大阪市)が選ばれたが、既に占用者が決まっているのは神戸のみという。

 三宮中央通りは、神戸市中央区加納町6のフラワーロードから同区三宮町3の鯉川筋までの約500メートル。地元の三宮中央通りまちづくり協議会は約20年前、地下鉄海岸線の開通に合わせた道路整備段階から、歩道の重要性に着目。市の担当者らとも定期的に会合を開き、広い歩行空間の確保やオープンカフェのイベント開催など、官民が協力してまちづくりを進めてきた。

 コロナ禍で飲食店が苦境にあえぐ中、国の「コロナ占用特例」制度を使い、同通りでも昨夏から、歩道に飲食用施設を置くなど活用してきた。今後も歩道の利活用を進められる「ほこみち」の指定を追い風にしたい考えだ。

 同協議会はこのほど、10~20年後の将来像をイメージした図面を作成。現在よりさらに広く緑あふれる歩道には、コンテナハウスやキッチンカーが並び、老若男女が行き交う様子が描かれている。同協議会企画部会長の永田泰資(たいすけ)さん(35)は「道路の安全性や衛生面などクリアすべき課題は多いが、関係機関と協議しながら目標を持って前進したい」と話す。

 市道路計画課は「安全面はもちろん、今後の活用状況やニーズがどれほどあるかを精査し、協議会の皆さんと話を進めていきたい」とする。

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ