神戸

  • 印刷
東門街のそばで、会食時の感染対策を呼び掛ける神戸県民センターの職員ら=5日夕、神戸市中央区下山手通1(撮影・小林良多)
拡大
東門街のそばで、会食時の感染対策を呼び掛ける神戸県民センターの職員ら=5日夕、神戸市中央区下山手通1(撮影・小林良多)

 兵庫県神戸市など県内4市で新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用初日となった5日夕、神戸県民センターの職員らが三宮の繁華街に立ち、通行人に街頭啓発を行った。

 同措置に伴い、神戸市内の飲食店は再び営業時間が午後8時、酒類の提供は同7時までに短縮される。

 神戸県民センターの職員はこの日、3人ずつ二手に分かれ、同措置に伴う飲食関係への要請内容を記したフリップを手に、JR三ノ宮駅北の交差点に立った。マイクやスピーカーを使って約1時間、「午後8時以降は飲食店に出入りしない」「会話は極力控えて飛まつを防止して」などと呼び掛けた。

 啓発に立った同センターの西躰(にしたい)和美センター長は「(同措置が)初めてのことなのでどこまで浸透するか分からないが、一人一人の行動が重要だということを改めて伝えたい」と話していた。

(井上太郎)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ