神戸

  • 印刷
柔らかな筆致で仕上げた作品を披露した長沢秀之さん=デザイン・クリエイティブセンター神戸
拡大
柔らかな筆致で仕上げた作品を披露した長沢秀之さん=デザイン・クリエイティブセンター神戸

 神戸芸術工科大(神戸市西区)の客員教授で、画家の長沢秀之さん(73)=埼玉県=の絵画展「対話『私が生まれたとき』神戸 25+1年あと(未来)の記憶」が17日、同市中央区小野浜町のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で始まった。

 会場には、神戸市内の30人から寄せられた写真を基に、人物や風景を淡い筆致で描いた鉛筆画など約60点を展示。阪神・淡路大震災や家族の生死など、30人それぞれの人生の記憶を丁寧にたどっている。

 武蔵野美術大(東京都)の名誉教授でもある長沢さんは、創作の一環で、鹿児島・奄美大島の人々を描いた画集を2017年に出版。神戸に奄美出身者が多いことや神戸芸工大の縁から、神戸をテーマとした制作を企画した。

 題材としたのは、学生や芸術家、会社員らから提供を受けた写真。戦争の記憶や家族の触れ合い、仕事や被災地の様子など、それぞれの人生を柔らかく描き上げた絵を、説明する文章と共に並べた。長沢さんは今回、家族との誕生や死別を描くことも多く、「震災を経験した神戸の人々は、この展示を見れば、より生死を身近に感じ、考えてもらえるのでは」と話す。

 無料、25日まで(19日は休館)。午前10時~午後6時。(初鹿野俊)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ