神戸

  • 印刷
宛名の下に点字シールを貼り付けるスタッフ=17日、神戸市中央区(画像の一部を加工しています)
拡大
宛名の下に点字シールを貼り付けるスタッフ=17日、神戸市中央区(画像の一部を加工しています)

 神戸市は、目の不自由なワクチン接種対象者向けに、接種券などを入れた封筒に一つ一つ点字シールを貼って送付している。

 市によると、点字シールを貼って19日に発送したのは、75歳以上で障害者手帳(視覚障害)を持つ約2千人分。市内にはこのほか、65歳以上74歳未満で約3千人、16歳以上64歳未満で約千人の対象者がいるといい、今後も貼る作業を進める。

 シールは横11センチ、縦1・5センチで、「神戸市ワクチン通知」と点字で記している。封筒の中のお知らせには、当日の持ち物や予約方法などを記載。端の一部に切り込みがあり、近くに音声コードを印刷している。専用の機器などで読み込めば、自動的に内容を読み上げてくれるという。(霍見真一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ