神戸

  • 印刷
シロマダラを発見した松沼直冶さん=神戸市北区道場町生野
拡大
シロマダラを発見した松沼直冶さん=神戸市北区道場町生野

 「幻のヘビ」ともいわれるシロマダラが、神戸市北区道場町生野の山中で見つかった。市有害鳥獣捕獲班有馬支部に所属する松沼直冶(なおや)さん(46)=兵庫県宝塚市=が、わなの見回りの際に遭遇し、捕獲した。「開発が進む中、貴重な自然が守れている証拠」と喜ぶ。

 シロマダラは体長40センチ~60センチ程度で、県版レッドリストでは「存続基盤が脆弱(ぜいじゃく)」とされるランクC。県立人と自然の博物館(同県三田市)によると、夜行性で比較的小柄なため、人の目につきにくいという。

 毎日のように、道場町周辺の山や農地に仕掛けたわなを見回るという松沼さん。いつも通り巡回していた4月22日、道場町の山中で、はがれ落ちたスギの皮の間に、体長40センチほどのヘビを見つけた。

 松沼さんは、幼い頃から生き物が大好きで、動物図鑑を愛読していた。斑紋などの特徴から一目でシロマダラと分かったといい、「近所の子どもたちにも見せてあげよう」と捕まえた。

 トカゲやカエルを餌として飼育しているが、発見場所で逃がすか、動物園への寄贈を検討しているという。松沼さんは「道場町には日本の原風景がある。次世代の子どもたちに残さないといけない」と話していた。(大橋凜太郎)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ