神戸

  • 印刷
新型コロナワクチンの接種を受ける高齢者=神戸市兵庫区荒田町1、同区役所(撮影・小林良多)
拡大
新型コロナワクチンの接種を受ける高齢者=神戸市兵庫区荒田町1、同区役所(撮影・小林良多)

 75歳以上を対象とする新型コロナワクチンの集団接種が10日、神戸市内の11会場で始まった。各会場では、薬剤師がワクチンを注射器に充填(じゅうてん)し、医師が問診と注射を実施。看護師は医師の補助や予診、経過観察を担った。初日は計約620人が接種を受けた。(長谷部崇)

 集団接種会場の一つ、兵庫区役所2階のホールでは、午後1時半~3時半に約80人が訪れた。

 ファイザー社製のワクチンは皮下注射ではなく、海外で一般的な筋肉注射となる。問診・接種室では、医師が「翌日に腕が重くなることがあるので、利き手じゃない方の腕を出してくださいね」と促し、注射針を肩に刺した。接種された人たちは一瞬顔をこわばらせたが、「意外と痛くない」と口をそろえた。同市兵庫区の女性(75)は「泣くほど痛いのかと思っていたけど、全然痛くなかった」。

 兵庫区の女性(82)は「お医者さんや看護師さんが親切で、スムーズに接種できた」。同区の男性(83)は「ワクチンを打っても、100%安心じゃない。世の中が落ち着くまで気は抜けない」と話した。一方で、来場者からは「受け付けまでの待ち時間に、椅子があればよかった」との声も出た。

 接種後は15分間、過去に副反応が出たことのある人は、30分間の経過観察を経て帰宅できる。2回目の接種予約も各会場で受け付ける。各会場とも木曜を除く平日は、医師が午前と午後の診療の合間に派遣されるため、2時間しか開設できないという。

    ◇

 神戸市は10日、灘区岩屋中町4の「BBプラザ神戸」12階で14日~6月6日、暫定の集団接種会場を開設すると発表した。5月11日から予約を受け付ける。JR灘駅3階の集団接種会場の開設が、工事の都合で6月7日までずれ込むため。

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ