神戸

  • 印刷
神戸市の高齢者を対象に始まった新型コロナウイルスのワクチン接種。2回目の予約をする高齢者=10日、兵庫区役所
拡大
神戸市の高齢者を対象に始まった新型コロナウイルスのワクチン接種。2回目の予約をする高齢者=10日、兵庫区役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスワクチンの接種について詳しく解説するこのコーナー。後半では、予約方法やネット予約に困った場合などについて説明していく。(三島大一郎、長谷部崇、初鹿野俊)

■まずかかりつけ医に相談

 ワクチンの接種予約は、まずはかかりつけの診療所や病院への予約が勧められている。電話をする前に、接種券を手元に用意し、接種日時を第3希望まで決めておく。

 もし接種に対応していなかったり、かかりつけ医がなかったりする場合は、インターネットの「神戸市新型コロナワクチン接種予約サイト」から申し込む。

 サイトでの予約前には、接種の希望日時や場所、登録するためのメールアドレスも用意しておく。スマートフォンやパソコンの操作が不安な場合は、子や孫などの家族、友人に協力してもらうのも一つの手だ。

 サイトでは、案内に従って選択、入力を進める。最後の「予約完了」画面に表示される「予約番号」と「パスワード」は、予約変更時に必要なのでメモしておこう。予約変更ができるのはこのサイト上のみ。コールセンターでは対応してもらえないので気を付けて。

■ネットが難しい人は 市内28会場に学生ら「お助け隊」

 サイトでの予約は、普段からネットに慣れていない人には少々難しい。そこで市は、ネット予約を手助けする学生らの「お助け隊」を各区役所などに配置している。接種券を持って行けば、予約の手伝いや代行をしてくれる。高齢者に好評で、26日には常設の配置場所も28会場となる。

 電話で予約できるコールセンターもあるが、応答率は37%(18日時点)。「つながりにくい状態」(担当者)が続く。回線は現在の200から月末には300に増やすが、予約以外のワクチンの問い合わせも受けており、つながりやすくなるかは不透明だ。

 ネット予約を推奨する市は、需要に応じて地域福祉センターなどでの巡回受付など、お助け隊の利便性を一層高めていく方針だ。

神戸新型コロナワクチン
神戸の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ