神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 16~64歳に対する新型コロナワクチン接種券の発送を前に、神戸市の久元喜造市長は10日、知的・精神障害者や寝たきりの人、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者など、配慮を要する人への支援策を発表した。(長谷部崇)

 知的・精神障害のある人が入所する障害者支援施設(市内25カ所)やグループホーム(同81カ所)では、接種する医師や接種場所の調整が整えば、施設内の接種も可能になる。

 人混みに行くと不安になる知的・精神障害者や認知症患者を対象に、新型コロナ患者の宿泊療養施設として使用中のホテル「東横INN(イン)神戸三ノ宮1」(中央区御幸通2)を、7月から接種会場に転用。家族や介護者と個室に入ってもらい、医師や看護師が巡回して接種する。認知症の人はケアマネジャーを通じて予約。知的・精神障害者は専用の予約電話(後日、ホームページで周知)から申し込む。

 寝たきりの人に対しては、医師と看護師各1人の巡回接種チームを最大で8組編成する。ケアマネジャーを通じて対象者を把握し、22日から巡回する。

 外国人の対応では、集団・大規模接種会場で、オペレーターが画面越しに通訳(13言語対応)してくれる映像システムを配備。接種券も8言語対応のチラシを同封し、予約方法などを多言語で案内する特設サイトに誘導する。

 市内に避難中のDV被害者など、接種券が届かない人については、申請で接種券を指定の住所に送る。証明書類は不要。市公式サイトの「DV対策」のページや専用電話(TEL078・277・3328)で受け付ける。

 久元市長は「それぞれ置かれた状況に応じて、きめ細やかな対応をしていきたい」と述べた。65歳以上(43万3292人)のうち、1回目の接種を終えた人は8日時点で36・4%(15万7773人)。16~64歳の接種券は11~24日、年齢の高い人から順に発送する。

神戸新型コロナワクチン
神戸の最新
もっと見る
 

天気(12月10日)

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ