神戸

  • 印刷
中学生の学びを支援する取り組みで、連携協定を結んだ創造学園の勝野哲也社長(右)と神戸市の中村明恵こども未来担当局長=神戸市役所
中学生の学びを支援する取り組みで、連携協定を結んだ創造学園の勝野哲也社長(右)と神戸市の中村明恵こども未来担当局長=神戸市役所

 神戸市は10月から、経済的な事情で学習塾に通えない中学生を、大学生が無料で学習指導する取り組みを市内3カ所で始める。現在、講師役の学生、拠点を運営する地域の団体やスタッフを募集している。勉強だけでなく、生徒の学習意欲を高めるため、地元企業の社員が学ぶ意義を語る講座もある。市内学習塾のノウハウも取り入れ、地域を挙げて生徒たちの学びを支援する「寺子屋」を目指すという。(初鹿野俊)

 大学の調査などによると、収入が低い世帯の子ほど学力テストの正答率が低い傾向がみられ、家庭環境が学習機会の格差に結び付く懸念が指摘されている。市はこれまで、放課後の居場所づくりの一環で宿題の見守り事業などを実施。コロナ禍の休校長期化を受け、困窮世帯の生徒向けに大学生によるオンライン授業も始めている。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ