神戸

  • 印刷
アクロバティックな技を披露するドラゴンゲートの選手たち=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
拡大
アクロバティックな技を披露するドラゴンゲートの選手たち=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
白熱した試合で、ロープに手を伸ばす選手=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
拡大
白熱した試合で、ロープに手を伸ばす選手=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
試合前、会場でウオーミングアップに励む選手=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
拡大
試合前、会場でウオーミングアップに励む選手=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
会場入り口で検温と消毒を担うのは、練習生だ=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
拡大
会場入り口で検温と消毒を担うのは、練習生だ=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
試合後は、選手やスタッフらが力を合わせて会場を片付ける=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール
拡大
試合後は、選手やスタッフらが力を合わせて会場を片付ける=神戸市中央区浜辺通5、神戸サンボーホール

 明滅する光の中、アクロバティックな動きで観客を魅了するプロレスラー。スポットライトを一身に浴びる職業だが、かつて一時代を築いた選手は「派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがプロだ」と語る。華々しい試合に向け、選手やスタッフらはどう過ごすのか。神戸市を拠点とする団体「ドラゴンゲート」の興行に密着した。(大橋凜太郎)

■「等身大」の男たち

 正午すぎ。盛り上がった筋肉や小麦色に焼けた肌が目を引く選手たちが、神戸サンボーホール(神戸市中央区浜辺通5)に入った。その多くが160~170センチ台と小柄で、規格外の大男がぶつかり合う往年のプロレスのイメージとは異なる。それもそのはず。同団体が掲げるのは「等身大」のプロレス。メキシコの格闘技を源流とし、スピードや技術が持ち味だ。

 午後3時ごろの会場には、ウオーミングアップに励む選手たちの姿があった。10キロ超のダンベルを両手に持って歯を食いしばったり、入場時に踊るダンスの振り付けを入念に確認したり。

 身長162センチのドラゴン・キッド選手(45)は、逆立ちで体幹を鍛えていた。武藤敬司さん、蝶野正洋さん、橋本真也さんらスターにあこがれ、プロレスラーになる夢を膨らませた少年時代。身長がネックとなって道のりは困難だったが、1997年にプロデビューを果たした。

 コーナートップから前方宙返りで相手に挑むような空中技を駆使する今は、「他の人ができないことを磨けば、自分のポジションを見つけられる」と実感する。同団体は華やかで疾走感のある試合展開が魅力で、ファン層は老若男女に広がっているため、「特に子どもには、体が小さいことを理由に物事を諦めてほしくない。自分がリングに立つことで、可能性を示したい」と力を込める。

■コロナ下の興行

 午後4時45分、ファンクラブ会員が会場に入ってくる。入り口に立つ練習生の手には、非接触式の体温計と消毒液のボトル。新型コロナウイルス下での大会運営は、感染症対策が欠かせない。グッズ販売すらできなかった時期もあり、客席を通常の半分以下に間引く状況は今も続いている。木戸亨社長(55)は「選手らには、定期的にPCR検査も実施している。ファンのためにも、歩みを止めるわけにはいかない」と話す。

 この日は午後6時に試合開始。大声での声援自粛が求められているため、会場には手拍子が響く。乾いた打撃音や選手のうめき声が客席後方まで届き、観客は応援する選手のピンチにため息を漏らし、マイクパフォーマンスに拳を突き上げて応えていた。

■ファンも感情移入

 興奮に包まれた会場に、つえをついた女性がいた。約15年前、脳の病気を患ったという大月シゲ子さん(75)=神戸市西区=だ。手術を経験し、気落ちしていた頃、プロレスファンの長女に連れられて同団体の試合を観戦し、のめり込んだ。

 以来、選手たちの姿に励まされ続けた。「あの子たちは、倒れても倒れても立ち上がってくるでしょ。そんな姿を見てると、私も『病気なんかに負けてられない』って気持ちになるの」とほほ笑む。

 午後8時35分、最後の試合が終わるやいなや、リングを支える鉄柱や観客席が運び出されていく。片付けの輪には、熱戦を終えたばかりの選手たちの姿も。斎藤了選手(41)は「人が少なかった頃から続く伝統。みんなでやることで、一つ一つの興行への思い入れが違ってくる」とうなずく。

 会場は、片付けの開始から30分ほどで空っぽになった。6月上旬ながら気温30度、湿度は70%。撤収が完了してもなお、熱気は残り続けていた。

【ドラゴンゲート】 プロレスラーのウルティモ・ドラゴンさんが設立した養成学校「闘龍門」が母体の団体「闘龍門JAPAN」を改称し、2004年に誕生。神戸市を拠点とし、現在は約40人の選手が所属している。神戸サンボーホール(神戸市中央区)などを中心に全国で興行しており、年間200回を超える年もあるという。

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(7月27日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ