神戸

  • 印刷
会見を行う神戸市の久元喜造市長
拡大
会見を行う神戸市の久元喜造市長
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市の久元喜造市長は15日、臨時会見を開き、新型コロナウイルスワクチンについて、1回目を接種していない65歳以上の人から段階的に予約を再開すると発表した。県が各市町に配分する「調整枠」で、8月上旬に供給されるファイザー製のワクチンが一定量確保できるめどが立ったという。今後はまず65歳以上の高齢者が、16日から予約できるようになる。

 市によると、8月2~15日の2週間で市に供給されるファイザー製ワクチンは、169箱(19万7730回分)。大半は同9~15日の週に届く予定で、接種を優先すべき1回目の65歳以上の人はモデルナ製ワクチンを使う集団・大規模接種会場(6カ所)に振り分け、7月16日から予約の受け付けを再開する。

 14日時点で、ワクチンの1回目接種を終えていない65歳以上の人は約5万2千人(11・8%)いる。久元市長は「高齢者で接種を希望する人は、ほぼ全員が7月中に受けられるのではないか」と述べた。

 続いて、64歳以下で1回目接種がキャンセルとなった人の予約を、26日から受け付ける。新たに確保できたファイザー製ワクチンをこちらに充てる方針で、個別接種会場(約800カ所)は8月10日の接種分から、集団接種会場(13カ所)は同16日の接種分から予約できる。

 ただ7月26日以降、65歳以上の人でかかりつけ医での接種を望む場合などは、ファイザー製ワクチンの会場も予約できる。64歳以下の人もモデルナ製会場を予約可能。

 予約は市の予約サイトか各区役所に配置した「お助け隊」、予約コールセンターで受け付ける。1回目接種がキャンセルになった人は、キャンセル対応のコールセンター(番号は郵送で通知)でも予約できる。(長谷部崇)

神戸新型コロナワクチン
神戸の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ