神戸

  • 印刷
申請窓口ではヴィッセルの選手の勇姿をデザインしたマスクケースをプレゼント=神戸市役所
拡大
申請窓口ではヴィッセルの選手の勇姿をデザインしたマスクケースをプレゼント=神戸市役所
マイナンバーカードの利便性を紹介するヴィッセル神戸の酒井高徳選手(左)と久元喜造市長の対談動画の一場面
拡大
マイナンバーカードの利便性を紹介するヴィッセル神戸の酒井高徳選手(左)と久元喜造市長の対談動画の一場面

 神戸市は、サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸と連携し、市民にマイナンバーカードの取得を呼び掛けている。実際に利用した選手が動画で利便性をアピールしたり、申請窓口で選手の写真をあしらった非売品のグッズをプレゼントしたり。政令市トップの交付率を誇りながら、5月以降は申し込みが伸び悩んでおり、現在リーグ3位と好調なヴィッセルの勢いにあやかる。(初鹿野俊)

 6月末時点で市のマイナカード交付率は42%に上り、政令市の中では唯一4割を超えている(2位は熊本市の39%)。4月末までにカードを申請・取得した人に最大5千円分のマイナポイントを付与する国の事業が追い風となり、昨年1月時点で20%どまりだった神戸市の交付率は1年半で2倍以上に伸びた。

 ただ、事業の受け付けが終了した5月以降は全国的に申請ペースが鈍化した。同市でも大幅に落ち込んだため、ヴィッセルの協力を得て取得促進のPRに乗り出すことにした。

 動画では、元日本代表の酒井高徳(ごうとく)選手と久元喜造市長が対談している。マイナカードの利用経験を問われた酒井選手は、コンビニで家族の住民票取得に使ったと明かし、「役所に行って、手続きして、順番待って…という手間を考えると、方法も簡単で非常にスムーズに取れた」と語った。動画は市ホームページで公開され、三宮の街頭ビジョンなどでも放映されている。

 また市は、8月31日まで「夏休み申請キャンペーン」と銘打ち、窓口でカードを申し込んだ市民に、先着で特典のマスクケースをプレゼントする。ケースには酒井選手のほか、元スペイン代表のイニエスタ選手▽欧州選手権でベルギー代表として活躍したフェルマーレン選手▽ワールドカップ2大会に出場した山口蛍選手-らが並び立つ写真を掲載している。キャンペーンのために製作された非売品で、市の担当者は「ヴィッセルの力も借りて一人でも多くの市民の取得につなげたい」とする。

 市マイナンバーカードコールセンターTEL078・600・2910(午前9時~午後8時)

神戸ヴィッセル
神戸の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ