神戸

  • 印刷
酒谷敏生(さかたに・としき)氏
拡大
酒谷敏生(さかたに・としき)氏

 神戸新聞社は31日の神戸市長選投開票を前に、市民生活に直結する施策や市政の重要課題など11項目について、候補者5人にアンケートを実施した。3回に分けて、回答を原則としてそのまま掲載する。

■新型コロナへの市の対応をどう評価? 今後はどうするべき?

 医療逼迫(ひっぱく)で入院措置が難しいという割には、応急入院施設の設置も遅くワクチンだけを急いでいます。飲食業の再生は難しいです。追い込まれた店や会社に十分な復活費用を援助できず神戸経済はしばらく沈むでしょう。

■コロナ禍で落ち込んだ地域経済への対策は?

 復活する企業への応援として、当面無金利融資を続ける支援は最低必要。新規起業者には補助金を強化。当面は市バスや市営地下鉄の運行時間を延長し午後10時以降の三宮発は無料にする勢いで都心に人を長く残したいです。

■三宮再整備への評価と今後の都心の将来像は?

 駅構内で地下鉄をはじめ全ての線が結ばれないなら不要。税金を投入するなら、敬老パスの拡充やこども医療費の助成を優先すべきだ。都心は海や山の繁華街を最短でつなぎ、一気にポートアイランドなど臨海部の観光化を。

【特集ページ】神戸市長選2021

神戸神戸市長選特集選挙
神戸の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 9℃
  • ---℃
  • 60%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ